書式集

文書作成日:2024/02/15
がん対策に関する世論調査(2023年7月調査)

 今回は、内閣府が昨年10月に公表した「がん対策に関する世論調査」の結果から、がん検診の受診状況に注目したいと思います。

 同調査は、全国18歳以上の日本国籍を有する者3,000人を対象に、2023年7月から8月にかけて実施されたもので、1,626人の有効回答が集まりました。ここでは2019年に実施された前回調査と比較して、今回の結果を確認します。


問 あなたは、ここ1〜2年くらいの間に、がん検診を受けたことがありますか?


 「2年以内に受診した」と回答したのは42.7%(「1年以内に受診した32.8%」+「2年以内に受診した9.9%」)でした。前回調査では57.0%(「1年以内に受診した47.5%」+「2年以内に受診した9.5%」)に比べると、15%近くの減となっています。前回調査は2019年で新型コロナ感染拡大前で、このときは前々回調査より5%弱の増加となっていました。これらの推移からも、コロナによる受診控えの影響が今も続いていることがうかがえます。

 年齢層別の結果は下グラフになります。40代、50代の受診率が高いことから、職場での定期健康診断による受診率が高いことが推測できます。

出典:内閣府政府広報室「がん対策に関する世論調査の概要

問 ここ1〜2年くらいの間に、または、これまでがん検診を受診していない理由は何ですか?(複数回答可)


 最も多い回答は、「心配なときはいつでも医療機関を受診できるから」の23.9%でした。次いで「費用がかかり経済的にも負担になるから」23.2%。「受ける時間がないから」21.2%となっています。

 性別では、男性は「費用がかかり経済的にも負担になるから」が最も多く26.9%、女性は「心配なときはいつでも医療機関を受診できるから」の27.3%が第一位となりました。

 その他、がんの治療法や病院の情報源、がん医療について、がん患者と社会とのつながりについて等の調査結果についてもまとめられています。詳細は、以下のサイトでご確認ください。

参考:
内閣府「がん対策に関する世論調査(令和5年7月調査)

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



2023年度補正予算による支援策/福祉編2024/02/08
2023年度補正予算による支援策/医療編2024/02/01
2024年度介護報酬改定の審議報告2024/01/25
2024年度のトリプル改定の改定率2024/01/18
パートさんの社会保険適用に助成金2024/01/11
2024診療報酬改定の基本方針2024/01/04
令和5年度補正予算/オンライン資格確認等の推進2023/12/28
2021年度の医療費は一人あたり35万8,800円/国民医療費の概況2023/12/21
複合型サービスの検討状況2023/12/14
2024介護報酬改定での処遇改善の方向性2023/12/07
医療機関のサイバーセキュリティ、9の心得2023/11/30
訪問看護のオンライン資格確認、来年秋から2023/11/23
人材紹介会社とのトラブルには2023/11/16
令和6年度の厚生労働省の予算概算要求/医療・介護編2023/11/09
2024年度同時改定の注目点/福祉編2023/11/02
2024年度同時改定の注目点/医療編2023/10/26
10月以降のコロナ医療体制と公費支援/病床確保料2023/10/19
来年4月公表開始に向け、出産費用の見える化を検討2023/10/12
介護事業所の管理者、支障ない範囲でテレワーク可能2023/10/05
医療DXの今後の進め方2023/09/28
コロナ診療の手引に医療従事者の就業制限を追加2023/09/21
カスタマーハラスメントが、労災認定の基準に追加されます2023/09/14
来年の診療報酬改定、施行は6月に後ろ倒し2023/09/07
年度内に取り組むサイバーセキュリティ対策2023/08/31
高齢者施設の感染症対策の実施状況/厚労省調査2023/08/24

CONTACT

お問い合わせ
pagetop